2016/12/1 16:42
 東京・上野と札幌を結び、2015年に廃止された寝台特急「北斗星」で使われていたベッドなどを再利用した宿泊施設
「Train Hostel 北斗星」が東京都内で15日にオープンするのを前に運営会社が1日、内覧会を開いた。

 JR東日本のグループ会社が所有するJR馬喰町駅前のビルを改修し、2段ベッドやはしご、照明は実物を使用して列車の寝台を再現した。
ラウンジにも食堂車で使っていたテーブルやいすを使っている。一方で、ベッドの幅を実際の車両よりも10センチ程度広くし、快適性も重視している。

 78のベッドを設置し、1泊2500円から。

http://this.kiji.is/176961802683811325?c=39550187727945729

コメント一覧
錆びる
拷問されそうだ
ヒャッハー
これは何がなんでも泊まらなくては。本物は無理でも2500円なら泊まれるぞ。
あー、北斗星か。はやりの豪華寝台列車かと思ったw
でも普通の寝台列車でもぜったい泊まりたい。
ホテトル開業かと…
北斗晶かとおもた
ホステスだって?
懐かしいなあ、こんな夜行に乗ってた