こんにちは!
シマユーです。

昨日はコーヒーフェスに参加して美味しいコーヒーをたくさん頂いてきました。

www.toradescantia.com

会場のコーヒー愛にあふれる空気とバリスタの方々の熱意に触れることで、一度は自分で豆から挽いたコーヒーを飲んでみたいという思いが生まれ、コーヒーの豆を購入したのでした。
コーヒーミル(豆を挽く機器)持ってないのに笑

土曜に散々歩いたので日曜は外にコーヒーミル探しに出かけるのは正直面倒...なので豆を挽くのは来週あたりにする予定でした。
ですが多分平日も来週の休みも面倒になるの必定...思い切ってアマゾンで購入することにしました。
それじゃ日曜せっかく暇してんのにコーヒー入れられないじゃん?受け取るの結局休み明けでしょ。
と思うじゃん?

できるんですよ

プライムナウならね!!

ていうかプライムナウって食品だけでなく、本とかちょっとした家電も取り扱いあるんですね。
知らなかった。

  • 用意したもの
  • 入れてみる
  • 入れてみた
  • おわりに

用意したもの

今回購入したコーヒーミルはこちら

HARIO (ハリオ) 手挽き コーヒーミル セラミック スケルトン ブラック MSCS-2B

HARIO (ハリオ) 手挽き コーヒーミル セラミック スケルトン ブラック MSCS-2B

  • 出版社/メーカー: ハリオ
  • メディア: ホーム&キッチン
  • この商品を含むブログを見る

デザインがすっきりしてていい感じです。
よくコーヒー屋とかにある木製の引き出しっぽいコーヒーミルもかっこよかったのですが実用性重視ということで今回はこちらに。 引いた後に下の豆が入る部分に蓋ができるので(付属品)、挽いた豆をそのまま保存できるのがgoodです。

そしてこちらもついでに

HARIO (ハリオ) V60 01  透過 コーヒードリッパー クリア コーヒードリップ 1~2杯用  VD-01T

HARIO (ハリオ) V60 01 透過 コーヒードリッパー クリア コーヒードリップ 1~2杯用 VD-01T

  • 出版社/メーカー: ハリオ
  • メディア: ホーム&キッチン
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る

こっちはドリッパーです。
紙のフィルターを乗せてそこに豆を入れ、お湯をかけるための道具です。
知ってるか笑
実は普段使っているものがすでにあったのですが、こちらはお湯の通る仕組みが違うタイプです。
コンビニでよく売ってるフィルターを使えるドリッパーは「KALITA WAVE」方式と言いまして、お湯が抜ける部分が平らで穴が3つあいているタイプです。
今回購入した「HARIO V60」は完全に三角錐の形になっていてお湯が抜ける部分がかなり大きいです。小指の先が通るくらいかな。

どちらにも良し悪しあるのですがざっくり言うと
「KALITA WAVE」は穴が小さい分お湯抜けが遅いため、どんな入れ方をしてもだいたい同じ味になります。
対して「HARIO V60」はお湯抜けが早いためすっきりした味わいになり、そのためコーヒーを入れる技量が味を左右します。

せっかく入れるならちょっと通っぽいもの使ってみたいですよね。
ちなみにぼくにコーヒーをおいしく入れる技量とかは
別にないです
...雰囲気が7割大事だから!

あ、フィルターも専用のものを買いました。
忘れずにどうぞ笑

HARIO (ハリオ) V60 用 ペーパーフィルター 02M 1~4杯用 100枚入り みさらし VCF-02-100M

HARIO (ハリオ) V60 用 ペーパーフィルター 02M 1~4杯用 100枚入り みさらし VCF-02-100M

  • 出版社/メーカー: ハリオ
  • メディア: ホーム&キッチン
  • 購入: 11人 クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る

午前中に注文して時間指定12:00~14:00でしたが13:00前くらいに届きました。
初めて使いましたが圧倒的に早いですね。
宅配のおっちゃんが露骨にくたびれてたけどやっぱり大変なんだろうか。

入れてみる

さてさっそくコーヒーミルを準備して豆を投入します。

上についてるレバーをぐるぐる回すと石臼が回って豆を砕いてくれる仕組みです。
実に原始的でわかりやすい。
こういうシンプルな道具にこそロマンがありますよね!

回してみます...結構力いるな....あ、電動のコーヒー入れる機械と同じ音する...もうちょいでひきおわるか...?

5分後

全然減ってない

どういうことだよ!!
なんかもう500回くらい回してるんだけど!!

さらに10分後

やっと...終わったよ...汗だくですわ...
立派な豆がココアの粉なみたいにふわふわに...あ?

一番豆が細くなるモードで挽いてた

そりゃ終わんねーよ!!
自転車のギアを一番重くして山を登ってるようなもんだよ!!

説明書はちゃんと読みましょう。

入れてみた

さて気をとりなおしてコーヒーを入れてみることに。
セブンで買う豆の5倍くらい細くなっているのでいつもと全然見た感じも違います。
というか、粒が細かすぎてお湯が全然通らない

あー、ちょっと間違えた感ありますねこれ。

とりあえずなんとかコーヒー一杯分を抽出し終わりました。

見た感じはまあいつものコーヒーと変わらない感じがしますが、とりあえず飲んでみます。

うん...うまいよこれ!

雰囲気補正と頑張って作った後の旨さ感が多分に含まれてますが美味しいです。
なんというかセブンのコーヒーより苦味が少なくて酸味がある感じ。

おわりに

引き加減を適当に決めてしまったせいでこの寒い部屋の中で汗をかくくらい大変でしたが、苦労に見合う達成感はありました。
コーヒーなんぞインスタントでガバガバのんでなんぼじゃ!!
という方もいるとは思いますがちゃんとした店で産地にこだわった豆から挽いたコーヒーを飲むと確かに美味しいです。
雑な舌の持ち主であるぼくがいうのもあれですがこれは本当です。

店で出てくるようなコーヒーを目指す必要はないと思いますが、日々の生活にちょっとした彩りを加えるには手軽でいい趣味なのは間違いないです。

始めたばかりなので深いことはなにも言えませんが、もし興味が湧いた方はぜひ挑戦してみてください。

以上!