「赤ちゃんの駅」まで気軽におでかけ 茨城県の常陸大宮市は8月1日より、市内で開催されるイベント等の主催者に対し、「移動式赤ちゃんの駅」の無料貸し出しを行うことを発表しました。

 「移動式赤ちゃんの駅」とは、おむつ交換台、授乳・調乳などに利用できる机・椅子、そして四方幕付きテントにて設置する簡易的なベビールームです。市が協賛・後援するイベントの他、学校や区などの自治組織など、市内で開催されるイベントにて使用できます。子育て応援サイトもチェック 最大7日間の使用が可能で、市長の許可が下りた場合は期間を延長することもできるそうです。市に対し貸し出し申請書を提出することで、審査の上で利用が可能となります。

 現在の貸し出し台数は3組だそうですが、今後この設備がさらに拡充され、あらゆるイベントでさらに充実した「赤ちゃんの駅」が設置されることが期待されます。また常陸大宮市では同日より、行政サービス情報や子どもの緊急時の連絡先、子育て関連施設・窓口などを紹介する子育て応援サイト「ハッピー子育て」も開設しました。こうした試みにより、乳幼児を抱える保護者が安心して外出できる環境づくりを推進していきたいとしています。